大規模修繕の情報入力はこちら

施工会社の選定方法

特命随意契約

  • 管理会社、前回の大規模修繕を実施した施工会社など、信頼関係にある1社を指名して見積もりを取り、その内容を検討のうえ、選定する方法
  • 長年に渡り管理会社との信頼関係が醸成されていると安心感があります。また、工事完了後もマンション管理業務と一体でフォローしてもらえる
  • 前回の大規模修繕を実施した施工会社に依頼した場合、前回の工事における反省点や改善点をフィードバックして、より満足度の高い工事を行なうことができる
  • 競争原理が働かないため、金額は割高になる

特命随意契約

見積り合わせ

  • 設計図書や現地説明会をもとに複数の施工会社に見積もりを依頼し、その内容を比較検討して選定する方法
  • 相見積もりを複数の施工会社から取り、価格だけでなく、提案内容を比較して選定する
  • 見積もり条件(工事範囲、工事内容、その他要望)を整理した上で相見積もりを実施することが大切。見積もり条件が各社バラバラだと、比較が難しくなるので注意が必要

大規模修繕工事見積り合わせ

 

競争入札

  • 公募または指名により入札希望会社を選んだ上で、競争入札を行なう方法
  • 価格競争になるため、性能(機能、耐久性、美観等)向上の提案はほとんどない
  • 工事仕様書を作成するためには、管理組合にも専門知識が必要であるため、設計事務所・管理会社に作成を委託することがほとんど

大規模修繕工事の競争入札