大規模修繕の情報入力はこちら

大規模修繕工事の発注方式

責任施工方式・設計施工方式

施工会社もしくは施工会社に、劣化診断→改修設計→施工まで一任して発注する方式です。

第三者のチェック機能がないために、管理組合自ら、費用・品質が適切かチェックすることになります。管理組合によるチェックが困難な場合は、信頼のおける会社に発注することが望ましいです。全てを管理会社に委託する場合、管理組合の負担が軽減されますが、費用が高額になりがちです。

施工会社に委託した場合

施工会社に委託した場合

管理会社に委託した場合

管理会社に委託した場合

 

設計監理方式・工事監理方式

設計・工事監理と施工を分離して発注する方式。

管理会社もしくは設計事務所が設計(仕様書作成)・工事監理を行ない、施工会社は施工を請負います。工事内容のチェック(施工監理)が期待できます。

施工会社の選定は設計事務所・管理会社からの紹介や公募による場合が多いですが、両者の 間に談合が生じやすく、最初から施工会社が決まっている形だけの見積もり合せやリベート(バック マージン)の授受が行われているケースもあります。

設計監理方式・工事監理方式

 

コストオン方式

管理組合が施工会社を選定した上で、その施工会社の工事費に元請監理費を上乗せして、 管理会社と請負契約を結ぶ方式です。

管理組合と施工会社との間で工事費を決めるため、工事費の透明性が高く、談合やリベートを防ぐことが可能です。ただし、業者選定のノウハウが乏しい管理組合では、コンサルタント会社等に依頼する場合があります。

コストオン方式

 

監修方式

責任施工方式をベースに、第三者のコンサルタント会社(アドバイザー)が管理組合の視点から施工 会社のチェックを行なう方式。設計と監理は行いません。

仕様策定サポート、施工会社選定サポート、仕様・見積もりのチェック、施工品質の巡回チェック等 様々なサービスメニューがあります。 比較的安価な費用で安心を高めることができるでしょう。

監修方式